取引信用保険で万が一の時でも安心|倒産を防げ

男性と女性

海外旅行に行くときの保険

飛行機とパスポート

海外旅行保険の選び方が分からない人におすすめなのは、必要な保障内容がセットになっている保険です。保険料を抑えたい人は、保険内容を自分でカスタマイズ出来ます。クレジットカードによっては海外旅行保険が付帯しているので、有効活用できるでしょう。

もっと読む

低価格保険が便利

青い車

自動車保険にはドライバーの制限がついている場合もあるので、他のドライバーが運転して事故が起きても保険がおりません。しかし500円で加入できる自動車保険はドライバー制限がなく誰が運転しても保険がおります。またロードアシストサービスも付帯するのです。

もっと読む

家計を見直すとき

説明

家計の見直しを検討されているのであれば、マイホームに次ぐ高額な買い物だるといわれる生命保険を見直すのがよいといわれています。なお、生命保険には節税効果もあるため、見直しを行う際には節税対策としての側面も踏まえたうえで検討するのがよいといえます。

もっと読む

貸し倒れリスクをカバー

相談

取引先倒産から守る保険

日本では、1992年のバブル崩壊、2008年のリーマンショックからの世界金融危機において企業倒産が相次ぎました。そして取引先の倒産によるリスクから自社を守るために注目されたのが取引信用保険です。世界的に先が読めない経済情勢では、突発的に取引先が倒産をすることもあります。その場合の貸倒損失を、取引信用保険による保険金で穴埋めすることにより減らすことができます。また、取引信用保険に加入していると、取引先の信用情報を定期的に把握することも出来ます。その情報を活用することにより、企業との取引を円滑に進めることが可能になります。また、取引信用保険に加入しているということは、取引先金融機関からの信用度が上がることにもつながるのです。

無理をしない範囲で検討を

取引信用保険は、企業側にとっては安心できる保険ですが、注意するべきこともあります。年齢などによって一定額に決められている生命保険や医療保険などとは違い、取引信用保険は保険を掛ける企業によっても査定金額は異なり、また世界情勢や業界の動向などでも保険料は変化します。また万が一の時におりる保険金も、損失が全額カバーされるわけではありません。あくまで保険会社の決めた金額内での保険金しか支払われないのです。そしてこの保険は、加入審査が非常に厳しいものです。保険商品自体は珍しいものではありませんが、自社が加入できるかどうかは見積もりを取ってみないとわかりませんので、数社で検討してみるといいでしょう。また、保険料が高額になることも考えられますから、無理をしない範囲での加入を検討するようにしましょう。