家計を見直すとき|取引信用保険で万が一の時でも安心|倒産を防げ

取引信用保険で万が一の時でも安心|倒産を防げ

男性

家計を見直すとき

説明

見直し対象は

思ったように収入が伸びなかったり、老後資金の不安などから家計の見直しを考える家庭も増えてきているといわれています。家計の見直しにあたっては、食費などの日々の節約も大切ですが高額な買い物や固定費を削減することができれば効果出来であるといわれています。固定費については一度見直すことができれば以後は何もしなくても節約の効果が継続することとなります。見直すべき対象の一つとして、生命保険を見直すと非常に節約の効果が大きいケースがあるといわれています。生命保険はマイホームに次いで高額な買い物になるといわれていますが、内容を十分に精査せずに高額な保険に加入しているケースが少なくないからです。そのため、現在の家計の状況や家族構成から本当に必要な保障に絞ることによって、大きな節約につなげられる可能性があります。

節税するなら

また、生命保険等の見直しにあたっては、保険による節税効果も把握しておくことが重要になります。保険料控除を上手に活用すれば所得税や住民税の節税対策となるからです。また、相続税が心配な家庭にとっても生命保険は節税対策として非常に有効な手段となります。また、通常の相続財産と違って死亡後速やかに受け取ることができるため、本人死亡直後で何かと物色な状況の際には非常に助かることとなります。なお、節税対策として保険の活用を検討する場合、税控除となる金額には上限がありますので、その上限額を把握したうえで活用を検討することが非常に重要になります。節税対策については自分自身だけで判断が難しい場合は税理士やファイナンシャルプランナーなどに相談してみるとよいといえます。